検診センターについて

心臓ドック、脳ドック、人間ドック、メタボリック検診、特定健診・特定保健指導を受診される方へ、検診センターのご案内です。検診センターでは、皆様のご要望に沿ったさまざまな検診を提供しています。

センター長ごあいさつAGREEMENT

金藤 公人

北斗病院 副院長脳神経内科 部長
(検診センター長 / 臨床研究支援センター長 / 脳卒中センター副センター長)

兵庫県淡路島生まれ。国立循環器病センター、神戸市立中央市民病院など脳卒中診療の最前線で修練を積んだ後、ラリーで訪れた十勝に魅せられ、2007年夏、神戸から北斗病院入職。

1.脳卒中・血管内治療専門医として脳外科医とともに、脳卒中救急やステント治療、コイル塞栓術などにも取り組んでいます。

2.北海道の地方都市では、数少ない神経内科専門医として神経変性疾患や認知症など幅広く診療しています。脳科学を応用した戦略的ニューロリハビリテーション(経頭蓋磁気刺激装置やボツリヌス療法など)にも携わる一方、日本初のパーキンソン病に対するMRガイド下集束超音波治療に取り組むなど積極的に活動しています。

3.検診センターでは、脳血管など全身の動脈硬化性疾患に「未病」の段階で介入したり、認知症なども早期にスクリーニングする試みを行い、日本でトップクラスの受診者数を誇る脳ドックのデータから多くの有用な情報発信を行っています。また、PET等を用いたガンの早期発見、早期治療などに努めています。

4.臨床研究支援センターでは、患者さんの理解と協力により得られた貴重なデータをもとに、少しでも医学の進歩に貢献し、それを皆様にフィードバック(還元)すべく、そうした臨床研究が適正かつ円滑に進むように支援したり、 監視したりしています。
出身 大阪大学医学部卒
取得認定医/専門医 医学博士(大阪大学・頚動脈エコーと炎症マーカー関連の研究)
Kondo K, et.al Associations of soluble intercellular adhesion molecule-1 with carotid atherosclerosis progression. Atherosclerosis. 2005; 179: 155-60.
大阪市立大学臨床教授・臨床研修プログラム責任者資格(指導医からのメッセージ
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本老年医学会認定老年病専門医・指導医・代議員
日本神経学会認定神経内科専門医・指導医
日本脳卒中学会脳卒中専門医・評議員・代議員
日本脳神経血管内治療学会認定血管内治療専門医
日本リハビリテーション学会認定臨床医
日本脳神経超音波学会評議員
日本脳ドック学会評議員
日本医師会認定産業医(NHK帯広局産業医ほか)
日本温泉気候物理医学会認定温泉療法医(休会中)
FIA 国際C級ラリードライバー(アジアパシフィックラリー選手権 Rally Hokkaidoクラス優勝2008, 2009, 2010, 2016)
所属学会 日本内科学会
日本老年医学会
日本脳卒中学会
日本神経学会
日本脳神経血管内治療学会
日本リハビリテーション学会
日本脳ドック学会
日本脳神経超音波学会
日本定位・機能神経外科学会

検診センターでおこなっている検診・検査について

脳ドック

脳疾患の早期発見にはMRI・MRAによる脳検査、脳ドックが大変有効です。この機会に合わせて受診されることをおすすめします。曜日・時間によりましては、がんドックと同日受診が可能です

心臓ドック

64列マルチスライスCTを中心とした心臓ドックをおこなっております。心臓疾患の予防のために、定期的な検診をおこなうことをおすすめします。

人間ドック

当院の人間ドックは検診センターにておこなっています。明るく落ち着いた雰囲気の中で、受診者様が落ち着いて検診を受けていただけるよう配慮しています。

メタボリック検診

「メタボリックシンドローム」とは、"内臓脂肪型肥満"によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態です。メタボリック検診で一度ご自分の内臓脂肪をチェックしてみませんか。CTを用いた正確な検査です。

特定健診・特定保険指導

40歳から74歳の医療保険加入者(国民健康保険等の被保険者・被扶養者)に対して特定健康診査および特定保健指導の実施が義務付けられました。

施設のごあんない

検診センターのエントランスです。こちらで各検診の受付をおこなっています。すべての検査は順次クラークがご案内いたしますので、安心して受診ください。
検診センターのラウンジです。検診をお待ちいただく間、ゆったりとくつろげるよう配慮しています。
検診センター内通路です。センター内は、洗面所、ロッカー備付の更衣室を完備。病院の患者様に気兼ねすることなくご利用いただけます。

地域の皆様が明るく健康な毎日を過ごせるよう支援させていただくことが、私たち北斗の役割と考えています。
「地域の皆様とともに、常に革新と改革を推進してゆく病院」をホスピタリティ・アイデンティティに掲げ、
地域での細やかな医療・保健・福祉のネットワークを広げ、ぬくもりに満ちた医療をこれからもすすめていきます。