看護部ご紹介

人権を尊重した質の高い看護をめざして

私たち看護部は、常に患者様の視点に立ってその立場や意思を尊重し、
その時その時の最良の看護の提供を目指しています。

Idea理念

病院理念を基盤とし、急性期医療からリハビリ、在宅医療までトータルな医療サ―ビスを提供できる地域の中核病院としての役割遂行に協力し、患者様の人権を尊重し、満足いただける看護を目指します。

Policy基本方針

豊かな人間性と広く深い教養、及び倫理性を備えた人材を育成し、患者様を尊重し患者様の生活の質を高める看護実践をおこないます。

Goal目標

  1. 看護の質の保証
    看護の責任と誇りを自覚し、「互いに相手を大切にし、協力しあう関係」を重ね患者・家族・地域の人々に質の高いサービスを提供する。
    患者の信条・生活・権利を尊重し、患者の自己決定、自律への支援をおこなう。
    固定チームナーシング体制の充実を図り看護職員の責任性とやりがいを高める。
  2. 看護の専門性を高め、個々の健康レベルに適応した看護が提供できる
    倫理とエビデンスに基づいた看護で適切な技術を提供する。
    社会・医療の変化に対応した看護を提供するために看護職員の学習活動・研究活動を支援する。
  3. チーム医療の充実を図り安心・安全な看護を提供する
    インシデント・アクシデントを分析し対応策をたてて実施する。
    感染予防の知識を深め専門性のある活動を強化する。
    災害対策・災害看護に必要な知識・意識をもって行動できる。
  4. 効果的・効率的病院経営に参画する
    退院を支援し効果的なベッド運用をする。


地域の皆様が明るく健康な毎日を過ごせるよう支援させていただくことが、私たち北斗の役割と考えています。
「地域の皆様とともに、常に革新と改革を推進してゆく病院」をホスピタリティ・アイデンティティに掲げ、
地域での細やかな医療・保健・福祉のネットワークを広げ、ぬくもりに満ちた医療をこれからもすすめていきます。