社会医療法人北斗 概要・沿革

社会医療法人 北斗の概要について、概要・沿革についてのご紹介です。

社会医療法人 北斗 関連施設

社会医療法人 北斗 北斗病院 概要

理事長
鎌田 一
副理事長
橋本 郁郎
院長
井出 渉
副院長
藤松 利浩/西尾 明正/新田 一美/川見 弘之/石田 直樹/坂東 伸幸/人見 知洋/金藤 公人
副院長・看護部長
本田 つき子
所在地
北海道帯広市稲田町基線7番地5
設立年
平成5年1月18日
病床数
267床
病床数内訳
急性期一般入院料1(7対1入院基本料):204床
特定集中治療室管理料3:8床
脳卒中ケアユニット入院医療管理料:9床
療養病棟入院基本料2:46床
診療科
脳神経外科/脳神経内科/神経内科/頭頸部外科/心臓血管外科/循環器内科/呼吸器内科/消化器外科/消化器内科/乳腺外科/腫瘍外科/整形外科/リウマチ科/内科/外科/小児科/形成外科/耳鼻咽喉科/麻酔科/リハビリテーション科/放射線診断科/放射線治療科/病理診 断科/人工透析内科/腎臓内科/緩和ケア内科/歯科/歯科口腔外科/肛門外科
敷地面積
28,565.67平方メートル
本館
延床面積:8,835.51平方メートル(鉄筋コンクリート造4階建)
カイラス棟
延床面積:7,140.19平方メートル(鉄筋コンクリート造4階建)
新館
延床面積:8,505.86平方メートル(鉄筋コンクリート造5階建)
全館合計
24,481.56平方メートル
駐車場
327台(車イス専用:10台を含む)
童夢保育所
敷地面積:2508.07平方メートル
延床面積:378.33平方メートル
庭園
8,000平方メートル 職員駐車場 470台

社会医療法人 北斗 沿革

1993年
  • 北斗病院開設
  • 脳ドック開始
  • 訪問看護開始
1994年
  • 脳ドック市町村補助制度開始
  • 出張外来開始
  • 循環器科開設
  • MINI-PACS運用開始
1995年
  • 神経内科開設
  • 歯科・歯科口腔外科開設
  • 訪問歯科開始
  • 脳低体温療法開始
  • 機能回復センターカイラス開設
  • デイケア開始
1996年
  • 医療法人社団認可
  • 訪問看護ステーションろらん開設
1997年
  • PDT開始
  • 総合リハビリテーション施設認定
  • GDC開始
1998年
  • 循環器病棟開設
  • 医療資材物流(SPD)センター開設
  • ボバース・コンセプト導入
  • ペインクリニック開設
  • 臓器移植提供施設指定
1999年
  • 消化器科開設
  • 地域医療連携課開設 2000年
  • 居宅介護支援事業所「ふぁ~すと」開設
  • 訪問介護ステーション「すてっぷ」開設
  • 訪問リハビリステーション「さくら」開設
  • 腫瘍医学研究所開設
  • 整形外科・リウマチ科開設
  • 病院ボランティア導入開始
  • 人間ドック開始
2001年
  • あおぞら病院開設
  • 回復期リハビリ病棟開設
  • 全館PACS運用開始
2002年
  • G☆Bネット(ジービーネット)開始
  • オーダリングシステム全面開始
2003年
  • 新館病棟開設
  • PETセンター開設
  • コールセンター開設
  • がんドック開始
  • 遠隔画像診断開始
2004年
  • 電子カルテ運用開始
  • 管理型臨床研修病院指定施設認定
  • 形成外科開設
  • 開放型病床開設
2005年
  • 北斗クリニック開設
  • 眼科開設
  • 耳鼻咽喉科開設
  • 機能評価複合病院認定
  • Tomotherapy(トモセラピー)治療開始
  • 再生医療開始
2006年
  • セカンドオピニオン開始
  • ホスピタルローソン開設
  • がんドック町助成制度開始
  • 心臓ドック開始
2007年
  • メタボリック検診開始
  • 在宅医療科開設
  • がん免疫療法開始
  • ピロリ菌検診開始
  • カプセル内視鏡による検査を開始
  • 睡眠時無呼吸症候群検診開始
2008年
  • 北斗病院・北斗クリニック 診療科目増設
  • DPC導入
  • 病院敷地内全面禁煙実施開始
  • 特定健康診査
  • 特定保健指導開始
  • 角膜外来開設
  • あおぞらクリニック開設
  • 介護療養型老人保健施設あおぞら開設
  • 亜急性期病棟開設
  • 「関節センター」開設
  • 北斗クリニック歯科内に「インプラント専門外来」開設
2009年
  • VHO式巻き爪矯正治療開始
  • 機能評価複合病院認定 Ver.5.0認定
  • 社会医療法人認可
  • 「脳卒中センター」開設
  • 「脊椎脊髄センター」開設
  • 「心臓血管センター」開設
  • 「頭頸部腫瘍センター」開設
  • 病理診断科開設
  • 社会医療法人 北斗 十勝恵愛会病院 事業継承
  • 乳腺専門外来、乳がん検診開始
  • 電子カルテシステムバージョンアップ
  • 「北斗心臓血管センター
  • 循環器内科サテライト」開始
2010年
  • インドネシア看護候補生受け入れ(5名)
  • 脳神経外科 二次救急当番病院(当番医療機関として加入・3月)
  • 「在宅緩和療養センター」開設
  • 「乳腺・乳がんセンター」開設
  • 「リハビリセンター」開設
  • 心臓血管外科開設
  • 中国人修練医受け入れ
  • 地域医療支援病院承認
  • インドネシア看護候補生受け入れ(5名)
  • TomoDirect(トモダイレクト:Tomotherapyにおいて固定多門照射を可能とした新機能)稼働開始
2011年
  • インドネシア看護候補生受け入れ(4名)
  • FUS(フォーカス・ウルトラ・サウンド:MRガイド下集束超音波手術)導入
  • 臨床修練指定病院(外国医師が臨床修練をおこなう病院)指定
  • 日本有病者歯科医療学会研修施設 認定
  • 3次元動作解析装置導入
  • 「脳血管内治療センター」開設
  • カテーテルアブレーション開始
  • 童夢保育所移転
2012年
  • 「透析センター」開設
  • カルジオスペック導入
  • 総合診療科開設
  • がん高周波温熱治療装置(ハイパーサーミア治療システム)導入
  • 腎臓内科
  • 人工透析内科開設
  • セスナ機導入
  • インドネシア看護候補生受け入れ(2名)
2013年
  • 「脳腫瘍センター」開設
  • ウラジオストク北斗画像診断センター 開所
  • てんかん外来開設
  • 十勝リハビリテーションセンター 開所
  • 十勝恵愛会病院を上士幌クリニックに名称変更
  • 災害時医療支援活動指定病院 指定
  • インドネシア看護候補生受け入れ(6名)
2014年
  • 「小児科 こども総合センター」開設
  • 「腫瘍医学研究所 先進医療推進科」新設
  • 小児科外来 開設
  • rTMS(反復経頭蓋磁気刺激療法)開始
  • 血管造影装置「ArtisQ BAツイン」稼働開始
  • 北海道緊急臨時的医師派遣事業 協力医療機関 認定
  • 機能評価一般病院2 3rdG:Ver.1.0認定
2015年
  • サービス付き高齢者向け住宅「あやとり」開所
  • 科学研究費補助金取扱規程第2条第8に規定する研究機関 指定(腫瘍医学研究所)
  • 新得クリニック 開院
  • 本態性振戦「エクサブレート・ニューロ」臨床試験開始
  • 上士幌クリニック・介護老人保健施設かみしほろ 新館開設
  • ソーシャルワークセンター開設
  • 消化器科「胆膵疾患部」立ち上げ
  • 自立支援事業部開設
2016年
  • 北斗クリニック乳腺外来増築新装オープン
  • マンモPET「PEMGRAPH」導入
  • 足寄町国保病院とのDrip&Shipスタート
  • 日本初FUSによるパーキンソン病治療の臨床試験開始
  • 小児科クリニック開設
  • 256列ボリュームCT入れ替え
  • がん遺伝子診断外来スタート
  • ドクターヘリ離着陸場完成
2017年
  • 2台目トモセラピー室完成稼働
  • 2台目3T-MRI室完成稼働
  • 日本国際病院(JIH)として推奨
  • 介護老人保健施設「かけはし」開設
  • リンパ浮腫センター開設
  • 臨床研究支援センター開設
  • 精密医療センター開設
  • 「デジタルPET」導入
2018年
  • SCU稼働開始(9床)
  • 「サロンあおぞら」開設
  • 看護小規模多機能型居宅介護「カンタキあおぞら」開設
  • 訪問看護ステーション「ホウカンあおぞら」開設
  • IDバンド 自動印字開始

地域の皆様が明るく健康な毎日を過ごせるよう支援させていただくことが、私たち北斗の役割と考えています。
「地域の皆様とともに、常に革新と改革を推進してゆく病院」をホスピタリティ・アイデンティティに掲げ、
地域での細やかな医療・保健・福祉のネットワークを広げ、ぬくもりに満ちた医療をこれからもすすめていきます。