メニュー
ホーム
フロア案内
お問合せ
上へ
北斗トップ > 当院の対応疾患・治療技術 > 甲状腺腫瘍

甲状腺腫瘍(こうじょうせんしゅよう)

北斗病院は甲状腺の手術治療を専門的におこなう日本内分泌外科学会認定施設となっております。
頭頸部腫瘍センターでは、甲状腺腫瘍の総合的な診療をおこなっています。

■甲状腺とは?

甲状腺は首の前で「のどぼとけ」のすぐ下にあり、蝶が羽を広げたような形で、気管を抱きこむように存在している臓器です。
甲状腺からは体の新陳代謝を活発にし、体調を整えるために重要な甲状腺ホルモン(T3、T4)が分泌され、血液の中をまわっています。
ホルモンの分泌が多いとイライラしたり、汗かき、動悸、手が震えるなどの症状が出ます(甲状腺機能亢進症;バセドウ病)。
逆にホルモンの分泌が少ないと疲れやすい、むくみ、皮膚がカサカサなどの症状が出ます(甲状腺機能低下症;橋本病)。

■甲状腺にしこりが見つかったら?

甲状腺にはいろいろなしこりができることがあります。
嚢胞(水ぶくれ)、軟らかいしこり、硬いしこり、しこりがたくさんできる場合もあります。

当院では検診や超音波検査で偶然に甲状腺にしこりが発見される方がいらっしゃいます。
これまで当院で首の超音波(エコー)検査した約1万人を調べました。
その結果、図のような結果でした。1000人当たりに換算しますと、しこりのある方150名の中で「がん」の患者さんは5名でした。
したがって、しこりがあってもほとんどは心配のないものです。

しかしながら、しこりの中で悪性腫瘍(がん)の早期診断、治療が重要です。
がんであっても痛みや自覚症状をともなうことはほとんどなく、触わっても分かりにくいため、診断が遅れがちになります。大きくならないと自分では分かりません。

■どんな検査をするのでしょうか?

超音波検査(エコー検査)を最初におこないます。しこりの大きさ、形、中身の状態、石灰化(硬いところ)を調べます。

穿刺吸引細胞診検査とは、注射と同じ細い針でしこりから細胞を吸い取り、顕微鏡で細胞の形や核の形を見て、良性か悪性かなど性質を調べる検査です。
高い確率で良性、悪性などの性質が判ります。

血液検査で甲状腺ホルモンの値を調べます。

造影CT検査で腫瘍の大きさ、リンパ節転移の有無、食道、気管、血管との関連がわかります。

■腺腫様甲状腺腫

甲状腺に数個のしこり(結節)ができる病気です。甲状腺の腫れること以外には、何の症状もなく、痛みもないのが普通です。
どうしてこういうものが甲状腺にできるのかは、未だに明らかにはされていません。
多くの場合、手術も含めて治療の必要はなく、半年に1回程度来院していただき、数や大きさに変化がないか調べることになります。

ただし、腫瘍がどんどん大きくなり、首の腫れが目立つ場合、いろいろな検査で悪性の病気ではないと言い切れない場合は、手術をお勧めすることがあります。

■甲状腺濾胞腺腫

甲状腺にできる良性腫瘍です。甲状腺の中の痛みのないしこりで、ゆっくりと大きくなるのが特徴です。
日本人にかなり多く発生する病気の一つです。

手術が必要な場合は腫瘍の大きさが3センチメートル以上、首の腫れが目立つ場合、経過観察中に徐々に大きくなる場合、悪性の可能性がある場合です。
これら以外の場合は半年に1回程度外来で超音波検査をおこない、経過を観察します。

■甲状腺乳頭がん

甲状腺がんの中ではもっとも多いタイプで、95℅を占めます。
乳頭という名前ですが、胸にある乳腺とはまったく関係がありません。
このがん組織を顕微鏡で観察すると、がん細胞が「乳頭」のような形をつくっているので、この名前がつけられています。

ゆっくりと発育し、体にできるあらゆるがんの中で最も性格がおとなしいがんの1つです。
しかし、首のリンパ節への転移は多く、まれに肺や骨へ転移することがあります。治療は基本的に手術となります。

甲状腺の片側半分を切除する手術では全身麻酔で2時間程度、約8日間の入院です。
一時的に声がかれることがありますが、多くの場合、徐々に回復します。当院では毎年30名から40名の方々の手術をおこなっています。

甲状腺全摘術(すべて摘出)、あるいはそれに準ずる亜全摘術(ごく一部だけ残して摘出)の場合は、手術のあと甲状腺ホルモン剤の内服が必要です。
手術合併症については、反回神経麻痺によるかすれ声、大声や高い声を出しにくい、指先がしびれる(低カルシウム血症)、出血(まれなケース)などが考えられますが、十分に注意して手術をおこないます。

なお、手術後は定期的に通っていただき、血液検査、超音波検査、CT検査などが必要です。

外来受診のご案内

土曜午後/日/祝祭日/年末年始(12/30-1/3)休診

月・火・水・木・金

診療
9:00 ~ 12:00/13:00 ~ 17:00
受付
8:00 ~ 11:30/12:00 ~ 16:30

※病院・クリニックで時間が異なります

北斗病院

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:30 ~ 11:30

北斗クリニック

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:00 ~ 11:30