メニュー
ホーム
フロア案内
お問合せ
上へ
北斗トップ > 当院の対応疾患・治療技術 > アレルギー性鼻炎におけるアルゴンプラズマ療法

アレルギー性鼻炎におけるアルゴンプラズマ療法

鼻がつまるアレルギー性鼻炎の方へ〜アルゴンプラズマ療法(凝固法)〜

鼻の中の腫れた粘膜をアルゴンプラズマで焼灼、凝固し、腫れを引かせて通りを良くする治療法です。
くしゃみ、鼻水にも効果があります。

治療を受けた方が良い方

・花粉症やアレルギー性鼻炎で、特に鼻づまりが強い方
・薬を飲んでも、スプレーをしても良くならない方
・薬を飲みたくない方

治療を受けられない方

・重症の心臓病などがある方
・小学生以下は難しいです

治療の方法

1. 鼻の中に麻酔の薬をついたガーゼをつめて、約30分間待ちます。
2. 手術室に移動してガーゼを抜き、鼻の中に細長い棒を入れ、アルゴンプラズマを吹き付けます。両側で10分程度です。痛みや出血はほとんどありません。
3. 病院にいる時間は1時間半くらいです。
4. 当日のみ激しい運動は避けて下さい
5. 治療後1週間は鼻の中にかさぶたが付いて鼻がつまりますが、その後徐々に通りが良くなります。

治療の効果

・ほとんどの方に鼻づまりの改善がみられます。
・半年から1年後に再び粘膜が腫れて、鼻がつまる方もいらっしゃいます。その場合、治療を繰り返すことができます。
・長い目で見れば他の治療法に比べて経済的です。

治療を希望される方へ

・北斗クリニックを受診して日時の相談をして頂きます。
・健康保険が適応されるので費用は3割負担で約1万円です。

外来受診のご案内

土曜午後/日/祝祭日/年末年始(12/30-1/3)休診

月・火・水・木・金

診療
9:00 ~ 12:00/13:00 ~ 17:00
受付
8:00 ~ 11:30/12:00 ~ 16:30

※病院・クリニックで時間が異なります

北斗病院

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:30 ~ 11:30

北斗クリニック

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:00 ~ 11:30