メニュー
ホーム
フロア案内
お問合せ
上へ
北斗トップ > 当院の対応疾患・治療技術 > 甲状腺とは

甲状腺とは

■甲状腺とは?

甲状腺は首の前で「のどぼとけ」のすぐ下にあり、蝶が羽根を広げたような形で、気管を抱きこむように存在している臓器です。
甲状腺から甲状腺ホルモン トリヨードサイロニン(T3)、サイロキシン(T4)が分泌され、血液の中をまわって体の隅々まで行き渡り、体の新陳代謝を活発にし、体調を整えます。
ホルモンの分泌が少ないと疲れやすい、むくみ、皮膚がカサカサなどの症状が出ます(甲状腺機能低下症;橋本病)。
逆に、ホルモンの分泌が多いとイライラしたり、汗かき、動悸、手が震えるなどの症状が出ます(甲状腺機能亢進症;バセドウ病)。

■甲状腺にしこりが見つかったら?

甲状腺にしこりができることがあります。
嚢胞(水ぶくれ)、軟らかいしこり、硬いしこり、しこりが数多くできてしまう場合があります。

検診での超音波検査(エコー検査)で甲状腺にしこりが偶然見つかることも多くなっています。
北斗病院では脳ドックでの頸動脈超音波検査、PETがんドックなどで見つかることがあります。

■どんな検査をするのでしょうか?

超音波検査(エコー検査)を最初におこないます。しこりの大きさ、形、中身の状態、石灰化(硬いところ)を調べます。

血液検査で甲状腺ホルモンの値を調べます。

穿刺吸引細胞診とは、注射と同じ細い針を刺して、しこりから細胞を吸い取り、顕微鏡で細胞の形や核の形を見て、良性か悪性かなど性質を調べる検査です。
北斗病院では液状処理・穿刺吸引細胞診(FNA-LBC)を採用しています。
従来の方法に比べて高い確率で良性、悪性などの性質が判ります。

穿刺吸引・液状処理細胞診

造影CT検査で腫瘍の大きさ、リンパ節転移の有無、食道、気管、血管との関連がわかります。

外来受診のご案内

土曜午後/日/祝祭日/年末年始(12/30-1/3)休診

月・火・水・木・金

診療
9:00 ~ 12:00/13:00 ~ 17:00
受付
8:00 ~ 11:30/12:00 ~ 16:30

※病院・クリニックで時間が異なります

北斗病院

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:30 ~ 11:30

北斗クリニック

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:00 ~ 11:30