メニュー
ホーム
フロア案内
お問合せ
上へ
北斗トップ > 北斗について > 診療の実績 > 平成30年度 病院指標

平成30年度 北斗病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 152人 104人 116人 182人 310人 529人 981人 1426人 1231人 316人
【対象】平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者
【定義】平成30年度に一般病棟を退院した患者さまの年齢階級別(10歳刻み)患者数を表します。年齢は、入院した時点の年齢で集計されております。※療養病棟に入院していた患者さまは除きます。
【解説】
平均年齢 66.9歳(男性:65.8歳,女性:68.0歳) ※男女比率 男性:52.8%,女性:47.2%
当院に入院された患者様で最も多い年齢階級は70歳代で全体の26.7%を占めます。次いで80歳代(23.0%)、60歳代(18.3%)であり、60歳以上の割合としては、全体の約7割を占める結果となります。当院は脳疾患および心疾患の患者様が多く、これら疾患の特性上、罹患する年齢層が高い傾向から、結果として60歳以上の方々の占める割合増につながっているものと考えられます。社会の高齢化に伴い、今後の割合増加も予想されます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:なし-発症前Rankin Scale 0、1又は2 128人 14.33日 16.18日 33.59% 70.73歳
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷-その他の手術あり-処置2:なし-副病:なし 67人 13.10日 9.69日 5.97% 77.70歳
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 66人 17.61日 18.72日 45.45% 73.03歳
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤-手術なし-処置1:あり-処置2:なし 59人 2.83日 3.02日 1.69% 61.64歳
010060×2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)-手術なし-処置1:なし-処置2:4あり-副病:1あり-発症前Rankin Scale 0、1又は2 44人 17.41日 18.22日 38.64% 77.14歳
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
当院の脳神経外科及び脳神経内科は、十勝医療圏域において、脳から脊髄、末梢神経に至る全神経疾患の診療に対応しており、24時間対応でのMRIをはじめとする先端機器による診断と早期治療(t-PAなど)、神経疾患による後遺症に対するリハビリ管理など、脳卒中を中心に急性期治療からリハビリまでシームレスな治療を行っております。脳卒中の中でも最も多いのは脳梗塞であり、年間500例前後の患者さんを治療しており、上記にもその傾向が見られます。この他、脳出血や未破裂脳動脈瘤といった脳血管障害や硬膜下血腫などの頭部外傷が挙がっております。また、早期にリハビリを開始して障害を少しでも軽減し、ADLの拡大を狙った、回復期機能を持つ系列医療機関への積極的な転院により、脳卒中における当院での在院日数は全国平均より短く、転院率は他疾患よりも高い結果となっております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0113xx 狭心症、慢性虚血性心疾患-心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等-処置1:1,2あり-処置2:3あり 55人 28.80日 41.13日 1.82% 69.93歳
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全-動脈形成術、吻合術 その他の動脈等-処置2:なし-副病:なし 16人 30.63日 8.75日 0.00% 73.81歳
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患-心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等-処置1:なし-処置2:1あり 11人 18.82日 22.91日 0.00% 71.73歳
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 11人 18.46日 17.66日 9.09% 78.73歳
050210xx97000x 徐脈性不整脈-手術あり-処置1:なし、1,3あり-処置2:なし-副病:なし 10人 11.10日 11.01日 10.00% 77.50歳
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
心臓血管外科において最も多い症例は、狭心症などの冠動脈の病気「虚血性心疾患」となっております。在院日数は全国平均より短く、年齢層は60代後半から70代と比較的高い傾向にあります。この他、心不全や不整脈に対する治療などが挙げられます。これらの疾患は、社会の高齢化により今後さらに増加するものと考えられます。循環器内科と連携体制を敷き、帯広、十勝、道東の心・血管疾患に罹られた患者さんの救命、治療に万全の体制で臨んでいます。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:1あり-処置2:3あり-副病:なし 187人 3.46日 5.55日 0.00% 71.87歳
050050xx02030x 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:3あり-副病:なし 167人 4.92日 9.76日 0.00% 75.01歳
050050xx9923xx 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:2あり-処置2:3あり 107人 3.51日 5.66日 0.00% 75.81歳
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患-経皮的冠動脈形成術等-処置1:なし、1,2あり-処置2:なし-副病:なし 97人 3.79日 4.47日 0.00% 74.76歳
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 49人 16.71日 17.66日 8.16% 85.10歳
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
当院の循環器内科では、狭心症、心筋梗塞、不整脈などの心臓病、血管疾患、 高血圧の診断と薬物治療および、 心臓病、血管疾患に対する最先端のカテーテル治療を行っています。
1~4位が狭心症であり、在院日数は全国平均より短く、年齢層は70代と比較的高い傾向にあります。これらは社会の高齢化により、今後さらに増加するものと考えられます。心臓血管外科と連携体制を敷き、帯広、十勝、道東の心臓病、血管疾患に罹られた患者さんの救命、治療に万全の体制で臨んでいます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折-人工骨頭挿入術 肩、股等 83人 32.48日 26.30日 77.11% 83.14歳
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等 51人 16.82日 24.26日 94.12% 75.55歳
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。)-人工関節再置換術等 43人 17.72日 22.27日 88.37% 69.63歳
160760xx97xxxx 前腕の骨折-手術あり 35人 4.26日 5.68日 2.86% 62.09歳
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)-手術なし-副病:なし 33人 29.18日 19.61日 69.70% 77.21歳
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
当院の整形外科では運動機能に関する四肢、脊椎の筋・骨格・神経の諸疾患を診断、治療しています。
ここで上位に挙がっている疾患は、変形性膝関節症・股関節症や大腿骨骨折、腰椎圧迫骨折、橈骨骨折などの外傷です。
変形性膝関節症・変形性股関節症などの関節疾患や大腿骨骨折、腰椎圧迫骨折などの外傷は、70~80代において多い傾向にあり、これらは今後の高齢化社会においての増加が予想される疾患と考えられます。
当院では、日常生活の自立、社会復帰を目指すため、術後充実したリハビリテーション提供を目的に、回復期機能を持つ系列医療機関への積極的な転院を行っていることから、結果として他疾患よりも転院率が高い傾向にあります。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 63人 4.56日 7.04日 0.00% 50.10歳
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸-手術なし-処置1:あり 62人 2.00日 2.04日 0.00% 57.16歳
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎-手術なし 57人 4.07日 5.43日 0.00% 43.84歳
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 53人 5.79日 7.89日 0.00% 23.94歳
030428xxxxxxxx 突発性難聴 52人 7.92日 9.02日 0.00% 55.79歳
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
当院の耳鼻咽喉科では、めまい、耳鳴り、難聴、顔面神経麻痺、中耳炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、アレルギー性鼻炎、嗅覚・味覚障害、 扁桃炎、喉頭炎、声帯ポリープ、嚥下障害など多くの疾患に対し、診察、検査、治療、手術まで幅広く対応しています。
慢性副鼻腔炎が最も多く、次いで睡眠時無呼吸、咽頭疾患、難聴となっております。平均在院日数はいずれも全国平均日数に比較し短く、標準的な医療を提供できているものと考えられます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満)-手術なし-処置2:なし-副病:なし 15人 4.00日 5.71日 0.00% 3.53歳
040100xxxxx00x 喘息-処置2:なし-副病:なし 14人 3.43日 6.62日 0.00% 2.86歳
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎-処置2:なし 12人 2.42日 5.42日 0.00% 4.42歳
030270xxxxxxxx 上気道炎 4.96日
0400801099x00x 肺炎等(0歳)-手術なし-処置2:なし-副病:なし 6.20日
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
専門医が小児科全般について診療をおこないます。
小児科入院症例としては、マイコプラズマ肺炎や気管支肺炎、喘息や上気道炎など小児呼吸器疾患が多くを占めており、ウイルス性腸炎といった症例も挙がっております。いずれの症例も全国平均日数に比較し短く、標準的な医療を提供できているものと考えられます。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの)-処置2:なし 29人 7.86日 6.23日 0.00% 58.48歳
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍-乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等-処置2:なし 22人 11.41日 10.59日 0.00% 54.14歳
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍-手術なし-処置2:4あり 16人 6.50日 4.28日 0.00% 51.19歳
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍-手術なし-処置2:なし-副病:なし 8.37日
090010xx97x40x 乳房の悪性腫瘍-その他の手術あり-処置2:4あり-副病:なし 6.54日
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
当院の乳腺外科では「乳がんから生命と乳房を守る」を目標に、世界最高レベルの技術と機器を駆使して、 「超」早期乳がんの発見と診断に力を入れています。
1位・2位には乳がんで乳房温存術を施行した症例、3位には乳がんで化学療法を施行した症例が挙がっております。平均年齢層は50代と低い傾向にあり、在院日数においては全国平均と大きな乖離なく、標準的な医療を提供できているものと考えられます。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)-内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術-副病:なし 34人 2.85日 2.67日 0.00% 69.76歳
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎-限局性腹腔膿瘍手術等-処置2:なし-副病:なし 29人 9.97日 10.08日 0.00% 76.79歳
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍-内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術-処置2:なし 17人 9.94日 8.52日 0.00% 71.41歳
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患-手術なし 13人 6.31日 7.75日 7.69% 69.85歳
060050xx97x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)-その他の手術あり-処置2:なし-副病:なし 11人 11.55日 10.42日 0.00% 70.73歳
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
消化器内科で最も多いのは、大腸ポリープ等に対して内視鏡治療を施した症例であり、次いで胆管炎等により内視鏡的乳頭切開術や内視鏡的胆道ステント留置術、内視鏡的胆道結石除去術などを施行した症例、胃癌に対する内視鏡治療を行った症例や大腸憩室治療症例、肝癌に対する切除術等を施行した症例が挙がっております。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上)-ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 35人 5.31日 4.96日 0.00% 67.14歳
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など)-腹腔鏡下胆嚢摘出術等 23人 5.96日 6.52日 0.00% 61.30歳
060050xx99x40x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)-手術なし-処置2:4あり-副病:なし 15人 4.13日 11.26日 0.00% 72.27歳
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア-ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 15人 15.80日 8.26日 0.00% 73.20歳
060040xx02000x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍-肛門悪性腫瘍手術 切除等-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 12人 13.67日 15.84日 0.00% 67.08歳
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
当院消化器内科と連携し、主に消化器疾患の手術治療を担当しています。
がんの診断と治療(手術や化学療法)が主な役割で、手術に関しては低侵襲手術として鏡視下手術も積極的に行っております。また、放射線科と協同して、放射線化学療法や動注化学療法なども行っております。
症例数としては、「鼠径ヘルニア」に対して手術治療を施行した症例が最も多く、次いで「胆石症」「胆のう炎」などに対して腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した症例、「肝腫瘍」に対して化学療法を施行した症例、「大腿ヘルニア」「閉鎖孔ヘルニア」「腹壁瘢痕ヘルニア」に対して手術治療を施した症例、「直腸がん」に対して手術治療を施した症例が上位に挙がっております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物-皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等-処置1:なし 23人 3.30日 4.05日 0.00% 47.78歳
020230xx97x0xx 眼瞼下垂-手術あり-処置2:なし 19人 2.53日 3.15日 0.00% 74.79歳
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。)-鼻骨骨折整復固定術等-処置1:なし-処置2:なし 11人 4.82日 5.37日 0.00% 22.82歳
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患-手術あり 3.20日
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)-皮膚悪性腫瘍切除術等-処置2:なし 8.16日
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
当院の形成外科では、皮膚良性腫瘍に対する手術治療症例が最も多く、次いで眼瞼下垂症に対する手術症例などが上位に挙がっております。在院日数は全国平均日数に比較し短い傾向となっております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患-手術あり-片眼 76人 4.00日 2.84日 0.0% 70.92歳
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患-手術なし 2.43日
020280xx97xxxx 角膜の障害-手術あり 9.99日
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
当院の眼科で最も多い症例は、「白内障」に対し水晶体再建術を行った症例となっております。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎-手術なし-処置2:なし-副病:なし 24人 24.88日 20.92日 8.33% 82.13歳
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症-手術なし-副病:なし 13人 20.23日 12.58日 0.00% 83.08歳
100380xxxxxxxx 体液量減少症 12人 22.00日 9.12日 16.67% 74.83歳
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎-処置2:なし 10人 6.40日 5.42日 0.00% 59.90歳
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害-手術なし 10.03日
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
様々な症状の患者さんを診させていただくため、幅広い分野での診療となっております。
症例数としては、誤嚥性肺炎や尿路感染症、体液量減少症などが上位に挙がっており、平均年齢は70~80代と高い傾向にあります。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801499×013 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上)-手術なし-処置2:なし-副病:あり-A-DROP スコア3 19.87日
040130xx99x0xx 呼吸不全(その他)-手術なし-処置2:なし 10.69日
050050xx99030x 狭心症、慢性虚血性心疾患-手術なし-処置1:なし-処置2:3あり-副病:なし 9.87日
050130xx99000x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:なし-副病:なし 17.66日
050130xx99020x 心不全-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり-副病:なし 24.68日
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx99030x 脳腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:3あり-副病:なし 16.98日
110070xx99x1xx 膀胱腫瘍-手術なし-処置2:1あり 29.18日
03001xxx99x2xx 頭頸部悪性腫瘍-手術なし-処置2:2あり 33.49日
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍-手術なし-処置1:なし-処置2:2あり 23.14日
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)-手術なし-処置2:なし-副病:なし 9.59日
◆当該診療科で治療された患者数をDPCコードの上位5疾患で分類しております。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13人 30人 23人 1 8版
大腸癌 17人 25人 16人 34人 10人 2 8版
乳癌 28人 38人 16人 27人 1 8版
肺癌 1 8版
肝癌 13人 2 6版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
【対象】 平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者

【定義】 5大癌の入院治療を行った患者数を表します。 初発患者は部位・ステージ別に患者数を表し、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数を表しております。複数回入院の場合は、入院回数分が集計されております。
※5大癌:胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌を指します。
※10件未満のデータは「-」にて表示しております。
※がんを疑った検査においてステージを決定する所見が得られなかった場合や、在院日数が短く在院中に病理結果が出なかった場合は、「不明」に集計されております。

当院では、主に胃癌・大腸癌・肝癌を消化器内科・消化器外科、乳癌を乳腺外科で診療しており、放射線科などの専門医と連携し、標準的ながん治療とされる 手術、化学療法、放射線療法、緩和医療 及び各種治療法を合わせた集学的治療を提供しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 22人 16.91日 83.41歳
重症 11人 32.36日 86.73歳
超重症
不明
●【対象】
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者

【定義】
成人の市中肺炎にて入院治療した重症度別の患者数、平均在院日数、平均年齢を表します。

※成人:この集計での成人とは15歳以上の患者さまを指します。
※市中肺炎:普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
※10件未満のデータは「-」にて表示しております。

当院における成人市中肺炎の症例は中等症が最も多く、平均年齢は83.4歳と高齢の方に多い傾向が見られます。
また、重症になるほど平均年齢が高くなる傾向にあり、合併症を有する肺炎は重症化の危険性も高いことなどから、抗生剤の使用や酸素投与などによる適切な治療が重要となります。当院では心不全や糖尿病などの併存症の治療も併行して実施します。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 459人 28.36日 75.93歳 38.19%
その他 28人 22.18日 76.32歳 2.26%
●【対象】
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者

【定義】
脳梗塞にて入院治療した患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を表します。
発症日から何日以内に治療を開始したかにより分けられております。

※転院率:転院数÷全退院数

当院の脳神経外科及び脳神経内科は、十勝医療圏域において、脳から脊髄、末梢神経に至る全神経疾患の診療に対応しており、24時間対応でのMRIをはじめとする先端機器による診断と早期治療(t-PAなど)、神経疾患による後遺症に対するリハビリ管理など、脳卒中を中心に急性期治療からリハビリまでシームレスな治療を行っております。
脳卒中の中で最も多いのは脳梗塞であり、年間500例前後の患者さんの治療を行っており、うち約9割の患者さんが発症から3日以内に治療を受けられている結果となります。
早期にリハビリを開始して障害を少しでも軽減しADLの拡大を狙うため、回復期リハビリテーション機能を持った系列医療機関への積極的な転院を行っており、結果として当院での平均在院日数は全国平均より短い傾向にあり、転院率は他疾患よりも高い傾向にあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 84人 0.86日 13.85日 4.76% 78.25歳
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 35人 5.37日 21.37日 34.29% 70.97歳
K1781 脳血管内手術(1箇所) 33人 1.18日 90.24日 15.15% 65.55歳
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 28人 2.21日 17.61日 10.71% 64.07歳
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 27人 7.07日 83.48日 22.22% 61.44歳
◆当該診療科で施行された手術を件数の多い順にKコード(手術コード)毎に、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
脳神経外科において最も多い手術は「慢性硬膜下血腫」に対する穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫とは、頭部打撲等により脳表面に血が溜まり、血腫となった状態であり、高齢者に多く、平均年齢も高い傾向にあります。次いで多いのは脊椎変性疾患(脊柱管狭窄症等)に対する脊椎固定術です。
脳血管内手術は、脳動脈瘤に対するコイル塞栓術、脳動脈瘤頸部クリッピングは脳動脈瘤に対する開頭クリッピング術にあたり、いずれも「くも膜下出血」や「未破裂脳動脈瘤」に対し施行されております。その他、脳血管障害に対する血管内治療も行っており、頸動脈ステント留置術や急性期の脳梗塞血栓回収術にも対応しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 33人 12.15日 14.09日 0.00% 68.42歳
K552-21 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(1吻合) 24人 10.67日 13.63日 4.17% 72.50歳
K597-2 ペースメーカー交換術 10人 2.60日 5.50日 10.00% 76.10歳
K610-3 内シャント設置術
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極)
◆当該診療科で施行された手術を件数の多い順にKコード(手術コード)毎に、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
心臓血管外科では、冠動脈の手術、心臓弁の手術、大動脈の手術を治療の主な3本柱としています。
最も多い症例が「冠動脈の手術」であり、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈の病気「虚血性心疾患」に対して、病変の先に自身の新しい血管で血流を補う「冠動脈バイパス術」を行っています。この他、不整脈の治療として、徐脈には「ペースメーカー植込み術」、突然死の原因となる致死性不整脈には「除細動器付きペースメーカー植込み術(ICD)」、前述の3本柱の手術中に同時に不整脈を治す「メイズ手術」も積極的に行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 222人 2.17日 3.16日 0.45% 75.08歳
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 58人 2.81日 3.12日 0.00% 78.09歳
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 42人 2.45日 2.02日 0.00% 67.26歳
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 28人 1.21日 1.54日 0.00% 75.71歳
K5482 経皮的冠動脈形成術(エキシマレーザー血管形成用カテーテル) 10人 1.30日 2.10日 0.00% 73.70歳
◆当該診療科で施行された手術を件数の多い順にKコード(手術コード)毎に、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
循環器内科で最も多い手術は、経皮的冠動脈ステント留置術です。当院では主に狭心症の患者さんが対象となっております。経皮的冠動脈ステント留置術は、足の付け根の大腿動脈または腕の橈骨動脈や上腕動脈からカテーテルという細い管を血管の中に入れ、冠動脈の狭くなったところにステントを挿入して拡張する治療です。経皮的冠動脈形成術は、前述の経皮的冠動脈ステント留置術と同様に冠動脈の狭窄部を拡張する方法です。
次いで多いのは四肢の血管拡張術・血栓除去術です。手や足の血管の狭くなったところを拡張して血流を確保するカテーテル治療です。当院では下肢閉塞性動脈硬化症の患者さんが多い傾向にあります。この他、心房細動などの不整脈に対するカテーテル心筋焼灼術についても多く行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) etc. 103人 1.74日 15.43日 88.35% 72.71歳
K0461 骨折観血的手術(大腿) etc. 70人 7.19日 21.46日 61.43% 80.93歳
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術(下腿) etc. 39人 0.41日 2.51日 0.00% 48.33歳
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 33人 9.88日 12.21日 51.52% 63.52歳
K0811 人工骨頭挿入術(股) 24人 8.88日 20.33日 70.83% 83.00歳
◆当該診療科で施行された手術を件数の多い順にKコード(手術コード)毎に、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
整形外科では、変形性膝関節症等に対し、膝の関節を人工関節に置き換える人工関節置換術を最も多く行っております。次いで大腿骨に対する観血的手術・人工骨頭挿入術、脊椎変性疾患などに対する脊椎固定術などが続きます。いずれの疾患においても、日常生活の自立、社会復帰を目指すため、術後充実したリハビリテーション提供を目的に、回復期機能を持つ系列医療機関への積極的な転院を行っていることから、結果として他疾患よりも転院率が高い傾向にあります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 64人 0.84日 3.00日 0.00% 50.95歳
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 47人 0.92日 4.43日 0.00% 24.34歳
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 37人 0.00日 0.00日 0.00% 2.32歳
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 28人 0.96日 4.32日 0.00% 58.11歳
K347-5 内視鏡下鼻腔手術1型(下鼻甲介手術) 20人 1.05日 2.30日 0.00% 49.25歳
◆当該診療科で施行された手術を件数の多い順にKコード(手術コード)毎に、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
当院の耳鼻咽喉科で最も多い手術は、慢性副鼻腔炎等に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)となっております。内視鏡下での手術は低侵襲であり、入院期間も比較的短期間となります。次いで扁桃炎や扁桃肥大に対する口蓋扁桃手術、中耳炎に対する鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術が挙がっております。中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入術は、中耳にたまった液を鼓膜切開により排液し、貯留予防のために換気チューブを鼓膜に挿入するものであり、乳幼児に多い傾向です。この他、甲状腺がんに対する手術なども多く行われております。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 33人 0.73日 6.00日 0.00% 60.18歳
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 14人 0.71日 9.79日 0.00% 60.14歳
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 11人 0.00日 1.46日 0.00% 55.55歳
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない)
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う))
◆当該診療科で施行された手術を件数の多い順にKコード(手術コード)毎に、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
乳腺外科の上位は、ほとんどが乳癌に対する手術となります。乳がんの手術は大きく「乳房切除術」と「乳房部分切除術」に分けられ、乳癌の病態、進展度、腫瘍径などにより、複数の選択枝から最も適した治療法を提案しております。当院では乳房部分切除術が最も多く、次いで乳房切除術となっております。また、自院形成外科と連携した乳房再建についても取り組んでおります。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 39人 0.82日 1.23日 0.00% 69.00歳
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 19人 4.58日 10.95日 0.00% 72.63歳
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 19人 2.53日 6.58日 0.00% 76.47歳
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 14人 3.36日 11.21日 0.00% 71.43歳
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 12人 0.33日 1.75日 0.00% 75.92歳
◆当該診療科で施行された手術を件数の多い順にKコード(手術コード)毎に、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
消化器内科で最も多かった手術は、大腸ポリープや大腸腺腫などに対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。次いで胃や十二指腸ポリープなどに対する内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術となっております。
この他、胆道ステント留置術といった、胆嚢炎・胆管炎や悪性腫瘍などで胆道の狭くなっているところにステントチューブを挿入し、胆汁の流れを改善させる治療や、膵疾患に対する内視鏡的膵管ステント留置術などが上位に挙がっております。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 34人 5.35日 7.03日 2.94% 62.15歳
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 19人 0.90日 2.74日 0.00% 61.42歳
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 17人 7.12日 10.00日 5.88% 71.35歳
K6335 鼠径ヘルニア手術 16人 1.13日 4.00日 0.00% 73.94歳
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術(硬化療法)を伴わない) 12人 1.00日 5.58日 0.00% 59.83歳
◆当該診療科で施行された手術を件数の多い順にKコード(手術コード)毎に、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
消化器外科で最も多かった手術は、胆石症や胆嚢炎、胆のうポリープなどの治療となる腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術です。次いで鼠径ヘルニア手術が上位に挙がる結果となっております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 11人 0.18日 1.00日 0.00% 43.64歳
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 10人 0.10日 1.80日 0.00% 78.60歳
K2193 眼瞼下垂症手術(その他)
K333 鼻骨骨折整復固定術
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満)
◆当該診療科で施行された手術を件数の多い順にKコード(手術コード)毎に、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
眼瞼内反症や眼瞼下垂症に対する手術が多く、次いで鼻骨骨折整復固定術、皮膚や皮下の良性及び悪性腫瘍の摘出術と続きます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入)(その他) 76人 1.00日 2.00日 0.00% 70.92歳
K246 角膜・強膜縫合術
◆当該診療科で施行された手術を件数の多い順にKコード(手術コード)毎に、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
当院の眼科で最も多い症例は、「白内障」に対し水晶体再建術を行った症例となっております。
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K386 気管切開術
K6872 内視鏡的乳頭切開術(胆道砕石術を伴う)
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
◆当該診療科で施行された手術を件数の多い順にKコード(手術コード)毎に、患者数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢を集計しています。
●10件未満のデータは「-」にて表示しております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
●【対象】
平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者

【定義】
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置の合併症に該当する症例数とその発生率を表します。
※10件未満のデータは「-」にて表示しております。
更新履歴
2019/9/28
厚生労働省保険局医療課『機能評価係数Ⅱの保険診療指数における「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等について』に基づく「DPCデータによる当院の病院指標」を公開
※病院指標公開ページ作成ツール使用

外来受診のご案内

土曜午後/日/祝祭日/年末年始(12/30-1/3)休診

月・火・水・木・金

診療
9:00 ~ 12:00/13:00 ~ 17:00
受付
8:00 ~ 11:30/12:00 ~ 16:30

※病院・クリニックで時間が異なります

北斗病院

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:30 ~ 11:30

北斗クリニック

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:00 ~ 11:30