メニュー
ホーム
フロア案内
お問合せ
上へ
北斗トップ > 受診する > 睡眠時無呼吸症候群(SAS)検診

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検診

睡眠時の大きないびきや起床時の頭痛、日中の異常な眠気などはありませんか?
「睡眠時無呼吸症候群」かもしれません。
酸素不足に起因する合併症や眠気による大きな事故を未然に防ぐ意味でも、早めの検査・治療をおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは

「睡眠時無呼吸症候群」(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは、その名の通り「睡眠時」に頻繁に「無呼吸」状態になる症状のことをいいます。
10秒以上の呼吸停止を「無呼吸」といい、無呼吸が1時間に5回以上、あるいは睡眠中7時間に30回以上ある方が睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
一般に睡眠時大きないびきをともない、昼間の眠気などさまざまな症状が引き起こされます。
睡眠時無呼吸症候群の原因は主に、睡眠中の筋弛緩により舌の付け根部分や軟口蓋と呼ばれる鼻と喉の境の部分が下がって気道の壁が吸い寄せられて閉じてしまい、息はしようとしているが吸えない状態になる「閉塞性無呼吸」と、脳の呼吸中枢の指令が消失するといった中枢疾患によって起こる「中枢性無呼吸」、閉塞型と中枢性の混在する「混合性無呼吸」に分類されますが、その多くは「閉塞性無呼吸」です。
「閉塞型無呼吸」の原因としてもっとも問題とされるのは肥満です。
肥満は必然的にのどを狭くさせ、無呼吸が起きやすくなります。
また、飲酒・薬物などでものどの緊張がゆるむことがあり、無呼吸が起きやすくなります。

下記のような症状・状況に当てはまる方は、睡眠時無呼吸症候群検診の受診をおすすめします。

●睡眠中のいびきがひどい方
●肥満傾向にある方
●下あごが小さい方・下あごの後退している方
●扁桃が大きいと指摘されたことのある方
●日中の強い眠気、倦怠感、頭痛、集中力低下に悩んでいる方
●夜中に何度も目が覚めてしまい熟睡できない方、夜間頻尿の方
●喉に違和感を感じる方・渇きの気になる方

睡眠時無呼吸症候群の危険性

実際には「無呼吸そのもの」が原因で死に至ることはありま せん。しかし、無呼吸により睡眠中に十分な酸素を得られないために酸素不足がおこり、「寝苦しい」「息苦しい」などの症状があらわれて睡眠不足となること で、日中の猛烈な眠気などによる事故や仕事中の居眠り、集中力低下による作業能率の低下が発生したり、酸素不足が循環機能に負担をかけ、その結果不整脈、 高血圧、心不全、糖尿病を引き起こしたり、さらには突然死など、”無呼吸”を起因としたさまざまな悪影響が生じることが非常に問題となるのです。
いろいろな研究から、近年では高血圧や心臓病、糖尿病など生活習慣病と睡眠時無呼吸症候群との因果関係がわかってきました。また肥満者に多いことから、メタボリックシンドロームとの関連も指摘されています。健康な方と比較して、中等症以上の睡眠時無呼吸症候群の方は下記の疾患になりやすいとの報告もあります。
●高血圧は約2倍
●冠動脈疾患は約3倍
●脳卒中は約4倍
●糖尿病は約1.5倍
また時や場所、状況を選ばず強い眠気や倦怠感、頭痛などに襲われるため、数年前関西で起こった新幹線のオーバーラン事故に代表されるような大規模な労災・交通事故を引き起こすこともあります。そうなると、もはや社会的な問題となってきます。

睡眠時無呼吸症候群は治療による改善が期待できます

さまざまな危険要因となる「睡眠時無呼吸症候群」ですが、適切な治療をおこなうことで無呼吸がなくなり、生活習慣病や眠気などの症状のコントロールが可能です。具体的な治療法としては、睡眠中の体位の工夫や減量・禁煙・酒量を控えるなどの生活習慣の見直し、専用の装具や経鼻的持続陽圧呼吸療法・薬剤による治療、レーザー手術・外科的手術などがあります。「睡眠時無呼吸症候群」は特殊な疾患などではなく、日本にはおよそ200万人いると言われています。「たかが睡眠」「たかがいびき」と思わず、気になる方は、まずは検診を受けることをおすすめします。

検診の流れ

睡眠時無呼吸症候群の検査はご来院の必要がありません。お送りする検査機材をご自宅で装着・検査後、ご返送いただくだけの簡単な検査です。

①検査機材送付・装着
検査申し込みをされた方へ検査機材「ソムニー」をお送りします。説明書をご確認の上一晩装着いただき、睡眠時のデータを取っていただきます。
②検査機材返送
検査実施後、同封の問診票と一緒に検査機材「ソムニー」を指定の方法にてご返送ください。「ソムニー」のデータを読み取り、解析をおこないます。
③結果送付
専門医により睡眠時の呼吸状況を判定し、約2週間程度で検診結果を送付いたします。必要のある方には耳鼻咽喉科・頭頚部外科受診のご案内を同封いたします。
検査の結果「睡眠時無呼吸症候群」と判定された方は、北斗クリニック「耳鼻咽喉科・頭頸部外科外来」を受診してください。
●検査は、写真のように口鼻センサーとソムニー本体を装着し、普段と同じように寝ていただくだけです。
●検査機材の到着後、ご都合のよい日を選び、一晩装着してください。

検査料金

各種クレジットカードご利用可
5,300円(税込)
※各種ドック・検診のオプションとしてお受けいただく場合は、3,150円(税込)となります。

お住いの自治体により助成制度が適応される場合がございます。詳しくは各自治体へお問い合わせください。

更にくわしい検査をご希望の方(オプション検査)

●がんドック
●脳ドック
●心臓ドック
●人間ドック
●乳がん検診
●PET乳がんドック
●メタボリック検診
詳しくはお問い合せください

外来受診のご案内

土曜午後/日/祝祭日/年末年始(12/30-1/3)休診

月・火・水・木・金

診療
9:00 ~ 12:00/13:00 ~ 17:00
受付
8:00 ~ 11:30/12:00 ~ 16:30

※病院・クリニックで時間が異なります

北斗病院

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:30 ~ 11:30

北斗クリニック

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:00 ~ 11:30