メニュー
ホーム
フロア案内
お問合せ
上へ
北斗トップ > 当院の対応疾患・治療技術 > 顔面神経麻痺

顔面神経麻痺(がんめんしんけいまひ)

耳鼻咽喉科・頭頸部外科では、顔面神経麻痺の総合的な診療をおこなっています。

■顔面神経麻痺とは?

顔面神経は側頭骨の中を通ります。
顔面神経は12ある脳から出てくる神経の1つで、顔の筋肉を動かす神経です。
この神経が麻痺することがあります。
顔面神経は顔の筋肉を動かします。
少々古い話になりますが、ある有名なタレントが、バイク事故で顔面神経麻痺になったことを憶えていますか?
具体的には、そのタレントの顔のように、顔がまがる、よだれが口のわきから漏れたり、眼が閉じなかったり、頬が下がったり、額や、鼻から口のわきにかけてのシワがなくなったりというような症状が出ます。
この他にも、目が閉じにくくなるため、目が渇いたり、結膜炎になったりします。

外来受診のご案内

土曜午後/日/祝祭日/年末年始(12/30-1/3)休診

月・火・水・木・金

診療
9:00 ~ 12:00/13:00 ~ 17:00
受付
8:00 ~ 11:30/12:00 ~ 16:30

※病院・クリニックで時間が異なります

北斗病院

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:30 ~ 11:30

北斗クリニック

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:00 ~ 11:30