メニュー
ホーム
フロア案内
お問合せ
上へ
北斗トップ > 診療科・センター 一覧 > 循環器内科

循環器内科
北斗病院

科目の概要

  • 心疾患(心筋症・心臓弁膜症)、下肢動脈硬化症、腎動脈硬化症の診療
  • 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)の診断と治療
  • 不整脈の診断と薬物療法およびペースメーカ植え込み
  • 心不全の治療(マスク式人工呼吸・在宅酸素療法・IABP・PCPS)
  • 冠動脈形成術(冠動脈ステント留置術)
  • 下肢動脈(腸骨動脈・大腿動脈)、腎動脈形成術
  • 深部静脈血栓症、肺動脈塞栓症の治療(下大静脈フィルター)

早期診断・早期治療が重要

心血管疾患では症状が徐々に現れることもありますので、がんと同様に早期に発見することが重要です。
循環器疾患(心血管疾患)は、心臓だけでなく血管の疾患でもあるため、心臓、足、脳だけでなく、 他の重要な臓器への血流にも影響を及ぼします。適切な心機能と血流がなければ、 体の他の部分も徐々に損なわれていきます。

心血管疾患の危険因子

  1. 喫煙
  2. 糖尿病
  3. 高血圧
  4. 年齢が50歳以上
  5. 高コレステロール
  6. 腎臓病(透析患者)
  7. 心臓病または脳卒中の家族歴
  8. 肥満
  9. ストレス

数分の診断が、あなたの寿命を何年も延ばします。

「サイレントキラー」と呼ばれる心血管疾患

心血管疾患はがんと同様に、症状がないまま病状が進行し、症状が現れたときは重症となっており、 時には死に至る危険性の高い、いわゆる「サイレントキラー」です。
心血管疾患は日本の場合、65歳以上の女性における死亡原因の第1位です。 心血管疾患から心臓発作、脳卒中、足の切断および死亡に至る場合があります。

大切な足・足の病気をご存知ですか?

足の動脈が詰まるのは、70歳以上の高齢者の3割および50歳以上の喫煙者と糖尿病の人に見られます。 この病気によって起きる症状は生活の質に影響を与えます。 さらに足の動脈が詰まることは足を切断するばかりでなく、心臓発作、脳卒中、 または死亡に至る危険性を示しています。 末梢動脈疾患(PAD)の患者さんの3割に心臓発作または脳卒中が発症します。 何が起きるかを知らないことは、あなたの健康に重大な影響をぼすかもしれません。

年を取るにしたがって歩く速度が落ちることは、時には加齢による自然現象ではないこともあります。 歩いている時に足の筋肉(主にふくらはぎなど)に痛みや疲労感や灼熱感が生じ、 歩くのを休むとそれらの症状がすぐに改善する場合は、足の動脈が詰まっている可能性があります。
足の痛みを我慢して生活を送る必要はありません。詰まった動脈は治療することができます。

気になることがあれば「循環器内科」へ

循環器内科は血液循環、主に心臓を中心に、専門に診察する内科です。 具体的には高血圧、不整脈、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症等)、心不全、心筋症等の病気を治療します。
どきどきする感じ、胸の痛み、疲れやすい、息ぎれが起こる、顔や脚がむくむといった症状はありませんか

不整脈による失神の症状がある方も当科へ受診ください。
食生活の欧米化により虚血性心疾患や下肢の動脈硬化が増加しています。
当院ではマルチスライスCTやMRIを用いて迅速な診断が可能であり、 侵襲の少ない経皮的血管形成術や冠動脈ステント留置術をおこなっています。

動脈硬化は全身に及ぶため、脳卒中のような脳血管障害と狭心症や下肢動脈硬化症を合併している重症の動脈硬化の患者さんの場合は、 脳神経外科と循環器内科が総合的に病気に対してアプローチを進めることで予後の改善を目指しています。
最近多くなってきたのが下肢深部静脈血栓症による肺動脈塞栓症(エコノミークラス症候群)であり、 麻痺のある患者さんや、全身麻酔手術時に予防、治療が必要になる例がみられます。
当科では下肢静脈エコーやCT検査等で診断をおこない、肺動脈塞栓症予防のための下大静脈フィルター留置をおこなっています。

ABI検査とは

ABIは、両腕と両足の血圧を同時に測定する簡単な非侵襲的検査で、 足の動脈の詰まりを非常に高い確率で見つけることができます。
この検査は当センターで実施しており、10分以内で終わります。
ABIは、年齢が70歳以上の方は全員、50歳から69歳で喫煙していたもしくは現在しており、 糖尿病や高血圧を持っている方は全員がその検査を受けることが推奨されています。
あなたの足を守って、あなたの命を守りましょう。あなたの自立した活動的な生活を維持しましょう。

冠動脈の狭窄を短時間で撮影できる64列マルチスライスCT

北斗病院では平成17年に64列マルチスライスCTを導入。
従来、心臓のように常に動いている臓器をCTスキャンで撮影することは困難とされてきましたが、 64列マルチスライスCTでは一度に0.625ミリメートルの断層像を最大64枚同時に撮影することができ、 少ない負担で高精度の断層画像3D(立体)画像を得ることが可能です。

フラットパネルレントゲン装置を備えたカテーテル検査室

最先端フラットパネルレントゲン装置を導入したカテーテル検査室のひとつで、 心臓血管疾患の徹底した診断・治療をおこないます。

負荷心筋シンチ検査(nuclear stress test)

侵襲的処置をおこなわず、患者さんへ負担をかけずに狭心症の有無を調べる検査です。

心エコー検査

超音波を用いて非侵襲的に心臓の動画を得る検査で、 心臓の動きや弁の構造と機能を患者さんに負担をかけずに調べることができます。

迅速な対応の可能な検体検査室

医師の指示による血液などの検体検査依頼にただちに対応し、医師による迅速な診断と治療を助けます。

受付・診療時間

外来診療予約票(PDF)でご確認ください。

2018年11月30日更新
循環器内科予定表
北斗病院
午前

高橋(一)※1
※2

赤津※5
高橋(一)※3

赤津※5
高橋(一)※3

高橋(一)※5

高橋(一)※5
赤津※3

午後

高橋(一)※3
※4

高橋(一)※3

高橋(一)※3

赤津※3

【受付時間 】
月~金/8:00~11:30、12:00~ 16:30

【診療時間 】
月~金/9:00~ 12:00、13:00~17:00

※1:新患外来(第1・2・4月曜は予約患者様も診察します)
※2:出張医が10時から診察(第1月曜:予約外来のみ、第2・4月曜:不整脈外来、第3・5月曜:新患/予約外来です)
※3:予約外来
※4:予約外来 出張医が14時まで診察します
※5:新患外来

医師紹介

高橋 一泰

人工透析科 部長/ 循環器内科 医長

対応疾患紹介

高血圧、不整脈、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症等)、心不全、心筋症等の疾患

外来受診のご案内

土曜午後/日/祝祭日/年末年始(12/30-1/3)休診

月・火・水・木・金

診療
9:00 ~ 12:00/13:00 ~ 17:00
受付
8:00 ~ 11:30/12:00 ~ 16:30

※病院・クリニックで時間が異なります

北斗病院

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:30 ~ 11:30

北斗クリニック

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:00 ~ 11:30