メニュー
ホーム
フロア案内
お問合せ
上へ
北斗トップ > 取り組みなど > がんに対する取り組み

がんに対する取り組み

がんに対する取り組み

がんについての研究は日々進歩しています。院内でもプロジェクトを組み、 最新の治療法についての研究を進めています。放射線治療についてはトモセラピーを導入し、 これまで難しかった部位のがんの治療実績も上がっています。

もしがんになったら、どこでどのような治療を受けたら良いのかわからないことも多く、 いわゆるがん難民という言葉もあるくらいですが、がん患者さまがいる限り、 私たちは治療の可能性を追求していきたいと考えています。

常に患者さまと共にがんと正面から向き合ってきた北斗病院の歩みは、これからも続いていきます。

強度変調放射線治療(IMRT)

新しい概念の放射線治療システム
≪IMRT≫Intensity Modulated Radiation Therapy(強度変調放射線治療)
16 台のコンピューターを駆使することによって、がん病巣の複雑な形状に合わせて、 方向、位置、大きさ、照射範囲、照射時間を調整できるようにした放射線治療です。
病巣を包み込むような照射方法によって、がん組織を集中的に照射するため、 周囲の正常組織への影響が少なく、病巣に対して十分な照射が可能になりました。

網羅的な『がん』遺伝子診断

一度に複数の「がん」の遺伝子を調べる最新の解析技術を用いて検査を行います。
こうした検査の結果で推奨される分子標的治療薬を探します。

抗がん剤治療・分子標的治療

「がん」の治療法は目覚ましい進歩を遂げており、 特にイレッサなどの分子標的治療薬の登場により、 治療法の選択肢は劇的に変わりました。

がん温熱療法 ハイパーサーミア

様々な治療と併用し、癌の局所を加熱してがん治療の効果を高める温熱療法があります。 最近注目されている体に負担の少ない治療法です。

外来受診のご案内

土曜午後/日/祝祭日/年末年始(12/30-1/3)休診

月・火・水・木・金

診療
9:00 ~ 12:00/13:00 ~ 17:00
受付
8:00 ~ 11:30/12:00 ~ 16:30

※病院・クリニックで時間が異なります

北斗病院

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:30 ~ 11:30

北斗クリニック

診療
9:00 ~ 12:00
受付
8:00 ~ 11:30